バブルと共に

わたしが勤めている会社は、いわゆる「ITバブル」のときにできた会社です。
そのバブルはとっくに弾けてしまっているので、いまは細々と経営しているようです。

ITバブル絶頂期には、オフィスは都心のど真ん中にあり、社員も100人以上いました。
社員旅行は海外で、年俸制の給与の、普通の会社の1.5倍ぐらいありました。

しかし今は、その年俸は半分ぐらいになってしまい、4月にある来年度の年俸決定会議でも、さらに下げられそうな雰囲気が漂っています。
年俸制なので、もちろんボーナスはありませんし、退職金制度なんてものもありません。
わたしを含めて社員全員は永久に1年更新の契約更新なので、もしかしたら、雇用契約も3月で終了してしまうかもしれません。

さらに、昨年から始まった世界的経済不況、原発問題などもわたしの不安に追い討ちをかけています。

法人が使用する電気代が上がるという報道がありましたが、電気代をたくさん使用するうちの会社では、
「電気代があがったら、社員を一人減らさないといけない」
と社長が話しているという、まことしやかな噂が流れていて、みんな落ち着かない状態で、嫌々仕事をしています。

none